自転車blog[lumia on the Saddle]スマートフォン,GPS,デジカメ,をフル活用したロードバイクの走行記録 

この記事に含まれるタグ :
人気記事  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ポタリングで3台壊してわかったデジカメの弱点

   ↑  2011/06/25 (土)  カテゴリー: その他

PH_378

SONYのcybershotを買ったので、今までにつかったデジカメを並べてみた。

上から

  • Cannon IXY DIGITAL 60
  • FujiFilm FinePix F100fd
  • Sony DSC-WX10

 

c3030

実物はもうないが、Olympus C-3030というのも使っていた。よくこんなのもってサイクリングにいったもんだ、、

 

で、現在まともに稼動するのはSonyのデジカメだけですが、残り3つはすべて共通した壊れ方をしました。

 

レンズの稼動部です。

 

  • Olympusはレンズが伸びているときに落として曲がってしまい、レンズが戻らなくなった
  • Cannonはサイクリング中に落としたわけではないが、ズームレンズがでてこなくなってレンズエラーと表示。写真中で無残な姿をさらしているのは、自分で分解、修理を試みた結果です。
  • FujiFilmもズームレンズ稼動時に引っかかることが多くなり、サイクリング中にレンズカバーまで動かなくなってきた。これも分解、修理を試みます。いろいろ試して万策つきたので、自転車での稼動部をきれいにするときの基本、ディグリーザーをズームレンズの稼動部に吹き付けるという強硬手段を実施、結果、一時は回復しました。しかし、どうやらディグリーザーがCCDにまで達したのか、AFのセンサーに悪影響を与えたのか、画像中央部がぼける、さらに露出もうまくあわない、等の悪影響がではじめました。 ディグリーザーを電子機器に吹きかけるのはやめましょう

 

どうやらサイクリング時のかばんの中は振動や、ほこり、汗などで電子機器にとってはとんでもない過酷な環境になっているようです。

 

というわけで、SONYのデジカメはポタリングにはもっていくのは中止。元々子供、家族の写真&運動会用の望遠性能、ビデオカメラとしての機能を重視して購入したし、、。

 

よって、ポタリング用カメラを別途探します。

関連記事

この記事に含まれるタグ : 人気記事 

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/blog-entry-473.html

2011/06/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: ポタリングで3台壊してわかったデジカメの弱点

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。