自転車blog[lumia on the Saddle]スマートフォン,GPS,デジカメ,をフル活用したロードバイクの走行記録 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

KHS-F20RC ハブのオーバーホール

   ↑  2010/12/05 (日)  カテゴリー: メンテナンス記録

DSCF1465DSCF2305

先日、ハブスパナとシマノプレミアムグリースを買ったので、ハブの洗浄、グリスアップをやってみる。いきなりCannondaleでやるのは怖いので、とりあえず、通勤用のF20-RCのほうで練習。しかし、こっちは1回に乗る距離は短いがほぼ毎日、路面がぬれていようとも乗るし、既に1万km以上。去年エイリンにてオーバーホールを行ったCannondaleよりもこっちのほうがヤバイかもしれない。

 

以下、次回の為に作業手順のメモ



 

DSCF2308DSCF2309

まずは前輪から処理。ハブスパナを使ってあっさり、分解成功。やってみれば意外と簡単です。前輪はスパナ13mmと17mmが必要です。汚れてはいるが意外とたいしたことない。ベアリングは9個入ってます。なくさないように注意

DSCF2311DSCF2312

古いグリスを取り除いてすっきり。組み立ても意外と楽。玉あたりの調整はほぼ勘ですが、、、。

 

DSCF2314DSCF2315

次に後輪。スプロケをはずします。

DSCF2316DSCF2317

スパナをつかって分解に成功。なんかヤバイ色してます、、、。ここで必要なスパナは15mmと17mm。

DSCF2320DSCF2318

左、スプロケ側、グリスが茶色、、、反対側、グリスが真っ黒、、、ヤバイ、、

DSCF2321DSCF2322

ついでに、フリーをはずして掃除。ここはたいしたことない。

DSCF2323DSCF2324

はずした部品、、、。ものすごいキタナイ、、。しかし、錆びたようにみえたベアリングも拭くと綺麗になりました。グリスをたっぷりと縫ってふたたび玉あたりを勘で調整。なにやらゆるいような気もするが、ガタつかないのでしばらくこれで様子をみる。

これですっきりして全力で通勤できます。

関連記事

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/blog-entry-353.html

2010/12/05 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


参考になりました。私もできる範囲でオーバーホールにトライしようと思っています。エンゾさんの雑誌では1年毎とか書いてあったような気がします。Cannondaleは今まで何回、何年毎に(又は何千km毎に)オーバーホール依頼されていますか?
参考に教えてもらえたら助かります。

琵琶法師 |  2010/12/05 (日) 21:23 [ 編集 ] No.83


Cannondale Synapseの方はサイコンで1万km,買ってから2年で、エイリンさんにお願いして、フルコースのオーバーホールをお願いしました。

このときは自分でやったわけじゃないので、どれぐらい汚れていたかはわかりません、、・ただ作業は見学させてもらってホイールはできそうだな、、と思ってました。

そして、そのオーバーホールから1年半経ってますし、工具もだいぶそろったし、そろそろCannondaleの方も自分でやろうと思ってます。

CannondaleM |  2010/12/06 (月) 21:25 [ 編集 ] No.84

コメントを投稿する 記事: KHS-F20RC ハブのオーバーホール

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。