自転車blog[lumia on the Saddle]スマートフォン,GPS,デジカメ,をフル活用したロードバイクの走行記録 

この記事に含まれるタグ :
ヒルクライム  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2010_0911 鈴鹿スカイライン 武平トンネルまで

   ↑  2010/09/11 (土)  カテゴリー: 滋賀

map_2010_0911

先日の、奥伊吹がものたりなかったので、近所で峠を探索。鈴鹿スカイラインが武平トンネルまでいけるらしいということで、早速行って来ました。

前回は野洲川ダムの手前に通行止めの標識がありましたが、今回はなし。県境までいけるとのことでしたので、突撃。結果、野洲川ダムより1時間上りっぱなし、、、最高標高810m。1000mには足りませんでしたが、なかなか走り応えのあるいいヒルクライムコースです。しかも頂上は涼しい!。今後頻繁に走りに来ることになりそうです。

DSCF0606 DSCF0635

左、R477.目の前に山が迫ってくる、、・右、武平トンネル。しんどかった、、

以下、写真レポート詳細


 

DSCF0592 DSCF0601

前半はのんびり、希望が丘文化公園、

 

DSCF0606 DSCF0609

R477。まずは平子峠まで軽くヒルクライム

 

 

DSCF0610 DSCF0612

R477野洲川ダム手前。ここからが本番。ほとんど車のいない、快適な上り坂が続きます

 

DSCF0614 DSCF0615

ここから鈴鹿スカイラインの看板。ひたすら上る、、、

 

DSCF0616 DSCF0618

予想外に時間がかかり、ボトルが空、、。鈴鹿スカイライン唯一の給水ポイント

 

DSCF0620 DSCF0622

だいぶ、標高の高い峠らしい風景になってきました。

 

DSCF0625 DSCF0626

武平トンネルに到着、こおまで約1時間。しんどかった、、、。だめもとでトンネルの反対側までいってみましたが、ゲートが完全に封鎖されており、自転車を担いでも通れず、、。近くにいたハイカーの人に聞くと、この先は道路が完全に土砂でうまっているとのこと。ここで引き返します。

 

DSCF0645 DSCF0637

快適なダウンヒル

 

DSCF0656 DSCF0657

国民宿舎かもしか荘。冬場はここで風呂はいって帰るのもいいかもしれない。近くにあったライダーズハウスで昼食。ま、ロードバイクもにたようなもんでしょう。

 

DSCF0661 DSCF0662

最後にR1を全力で突っ走る。最近R1は交通量が少なく走りやすい。最後は近くのスーパー銭湯でクールダウン。

自宅で走行ログを確認して驚いた。途中でログが切れてほとんど保存されてない、、、原因不明、、。今回はルートラボに道ピタモードで作成しました。

走行距離 108.4km

なかなか楽しいヒルクライムコースでした。

関連記事

この記事に含まれるタグ : ヒルクライム 

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/blog-entry-293.html

2010/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 2010_0911 鈴鹿スカイライン 武平トンネルまで

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。