自転車blog[lumia on the Saddle]スマートフォン,GPS,デジカメ,をフル活用したロードバイクの走行記録 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

電動デュラエース 試乗

   ↑  2009/12/30 (水)  カテゴリー: 自転車ネタ

DSCF3625

先日、サイクルショップライフに買い物にいった際に電動デュラエースの試乗車があったので、遠慮なく試乗させていただきました。ロードバイクはKHSのFliteシリーズだが、変速機のインプレのためあまり関係なし。

フロント

DSCF3626

電動とはいえ、操作方法は基本的にShimanoシリーズと同じ。ただ、ブレーキレバーはブレーキ専用で、シフトアップ、ダウン用に黒いレバーが2本ブレーキの内側にあります。この2本でフロントのアップダウンを行いますが、これがほぼスイッチの為、ストロークはものすごい小さい。慣れていないせいか、この2本の区別がつきにくい。

変速動作ですが、極端な言い方では、変速したことに気づかないぐらい滑らか。いつものバチン、ガチャ等の音がほとんどない。これが、シマノの目指す理想の変速性能かと思うと感動的です。

リア

DSCF3627

同じくブレーキレバー+2本のレバーによるアップダウンを行う。リアもメカ音がほとんどしないので、変速したことに気づかないので無意味にがちゃがちゃ変速してしまう。リアはもともと105であってもレバーのストロークも小さく、滑らかに変速するので、あまり感動はない。電動にしなくても現状の変速性能で十分ということかもしれない。

ブラケット

新型アルテグラのような横幅のあるブラケットではなく、105の現行のブラケットの形状に近い小さくコンパクトなブラケット。結構このみの形状。新型アルテグラの幅のあるブラケットは苦手なんだが、やはり、構造上仕方なくやっていることがこの電動デュラのブラケットからもわかる。

 

結論

冷静に考えると、フロントだけは欲しいが、わざわざつけるほどではない、、、速くなるわけでもないし、、、。もちろんフロンドだけつけることはできません。

関連記事

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/blog-entry-147.html

2009/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 電動デュラエース 試乗

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。