自転車blog[lumia on the Saddle]スマートフォン,GPS,デジカメ,をフル活用したロードバイクの走行記録 

このページの記事目次 ( ← 2009年11月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

KHS F20-RC 2008

   ↑  2009/11/01 (日)  カテゴリー: 自転車本体

通勤用に購入。Cannondaleで通勤はもったいないのと、ドロップハンドルでロードと同じポジションで通勤してトレーニングしたくなった。しかし、ただの安いロードバイクを買うのはつまらんと思って小径車のカタログを見ているとKHSのF20-RCを発見。ほぼ一目ぼれ。近所の店で展示品が安売りになってたので即決して購入。詳細スペックはこちら

imgc7faf674zik3zj

1年ほど乗ったのでその感想

長所

・短距離、短時間であればロードバイクとかわらない。100km近くになってくると、さすがにCannondaleにすればよかったと思うが、それまではまったく問題なくよく走る

・ブルホーンハンドルは交通量が多いところを走るには適している。ドロップハンドルの場合、急ブレーキをかけるには下ハンを握ってないとやりにくいが、これは下ハンがないかわりにブラケットに手をおいたリラックスした状態でブレーキをがっちりと3本指で握ることができる。街中でも安心して走ることができる。

・輪行がやりやすい。KHSの純正の輪行バックはハンドル、シートもはずす必要があるが、モンベルのコンパクトリンコウバッグ であれば、折りたたんで紐で縛るだけで袋に入るので、すごい楽。リンク先の写真はロードバイクのフレームの為、大きくみえるが、F20であれば、ここまで大きくなりません。

短所

ハンドルを引き付けてながら、ペダルを踏み込んで思いっきり加速すると、たわむ。おそらくブルホーンか長いハンドルポストが原因だと思われるが、これは仕方がない。


関連記事

KHS P20-RAC 試乗

スポンサーサイト

(記事編集) http://cannondalem.blog101.fc2.com/blog-entry-2.html

2009/11/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。